2005年06月01日

方向音痴

方向音痴:方向についての感覚が鈍く、道に迷いやすいこと。また、そのような人。

どこに暮らしていてもコレばかりは変わらない。

自覚したのは20歳も過ぎた頃。気づくのが遅かった汗。
友達と待ち合わせをした梅田のビックマン前(ローカルですが、あの圏内ではよくよく知られている)。
何度も行っているのに、何故か行けない。何故?
それまではいつも誰かと一緒で、全くまかせっきり、実はただ付いて行ってただけだったなんて!

例えば、よく行く場所や建物自体は覚えています。周辺も大体。
ただ、今居る場所とそこまでの道のりのイメージがさっぱり沸かない。
それぞれの地下鉄駅周辺もほぼ覚えているのに、駅同士が地図上どういう具合に並んでいるのか、全く想像できない。
歩いて行ける所を、むやみに地下鉄で行ったりするわけです。。
「今日はいつもと違うコースで散歩!」なんていうのは、まさに「憧れ」。

白タクも結構利用しているのにこんな感じなんで、ちょっと違う道を通ると「えがく〜(落胆した顔)、これってどこ行くの〜!」とかなり焦ります。

方向音痴でない人との違いを思うに、恐らく、見ているものが違うのでしょうね。
視界が狭いのかも。もっと広くモノを見るといいかもしれません。
こういうのも、治るものでしょうか??


posted by もみ at 06:03| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1周年だそうで おめでとうございます  

方向音痴ですかー  これは脳の働きの問題っぽいから 暮らす場所には関係ないですね...(^^;)  でも あんまり気にしすぎないほうがいいですよ  
そこそこ方向感覚はありますが それでも迷うことはありますし そこで「迷った」事にとらわれ過ぎるとドツボにはまるんです(夜の渋谷のラブホ街に紛れ込んで泣きそうになった事がorz)  方向というか方位(東西南北)がわかりにくい屋内・地下街なんかが 苦手かな  あとは「夜」が危ない(--;)  

迷わないように迷わないようにと 目印の建物ばかり見ちゃってるのかな?  出発地から見て 行き先がどの方角か(北東とか)がわかってれば 公差点で迷った時にも 北東に曲がればいいとか判断がつきやすくなります  

あとは 空間認知には右脳が主に働くようなので 右脳を鍛えたら 方向音痴も軽減されるかもしれません  
そういえば 少し前にNHKの「ためしてガッテン」という番組で 方向音痴についてやってて 克服ポイントが紹介されてました  ホームページあると思います  

「今日はいつもと違うコースで散歩!」  
知らない道を歩くので迷って当たり前  迷ったら誰かに聞けばいいんで まずは出掛けてみられたらどうですか(^^)  
Posted by Маша at 2005年06月01日 15:07
もみさん、日記一周年おめでとうございますー☆☆☆ これからも応援していますので、頑張って下さいね。

私の唯一の特技は反対に・・・方向音痴でない事なんです(笑)実は今、これだけは自信があるんですよ。一回行った事のある場所なら、何度でも行けます。前までは私も音痴だったんですけれど、得意になった秘訣は・・・

とにかく地図を見る事。地図を見る事で、"空から眺める感覚”が生まれたり、通り名を覚えたりして得意になれます。

後は・・・恋人が車を運転し始めた頃、いつも助手席に座って、次はどこに曲がれば良いのかを地図見ながら指摘していたんです。そうしてる内に覚えちゃって。自分が運転するようになったら得するんじゃないかな(*^ω^*(その代わり、恋人が方向音痴になりつつあるんですけれどね(汗/笑))

Posted by anjyu at 2005年06月02日 21:18
Машаさん。
ありがとうございます!
そうですよね、あんまり気にすると余計うまく行かないってのは分かる気がします。
ほんと、地下とか夜なんて、迷ったら最後です。。
確かに人に聞けばいいんですけど、こっちの人、結構自信満々なのに、しっかり間違った道とか教えてくれる人がたーくさんいるんですよー。
確かに、結構保守的になっちゃうんで、もっと大胆に動いて鍛錬したほうがいいかもなー。


anjyuさん。コメントありがとう!
まぁ!うらやましい。。なるほど、地図見てるんですね、やっぱり。「空から眺める感覚」・・・ほほー。確かにそんな気がします。イメージが沸かない、っていうのも、地図を見慣れていれば分かってくるのでしょうね。これからカバンに入れとこう!

あー、助手席で地図を見て・・・なんて本当に苦手。白タク乗って運転手に説明しろ、とか言われた日には「お、降ります」とか言いかねないわ。。
まーさんは幸せものだわ♪
Posted by もみ at 2005年06月03日 05:54
そういえば 梅田の地下でも迷った事があります  
夜行列車で早朝に大阪に着いて 地下鉄に乗り難波へ  
帰りは夜  地下で 朝降りた階段(出口)が見つけられずにウロウロ  列車の時間が迫ってて焦ってたし 朝は店のシャッターがおりてたのに 夜は店が開いてて景色が違って見えちゃったんですね  朝の階段にこだわったのは その近くのコインロッカーに荷物を預けていたからなのですが このまま地下で探してもダメだと思い とにかく地上に出てみたら JRの駅前ロータリーのあっち側でした  
やっぱり焦ってると 覚えた目印を見落としたり 冷静に判断できなくなりますね  

方向音痴の人って頭の中で地図を思い描けないと言われますが 
全くできないってことはないと思うんですよ  
右脳がないわけではないし ちょっと時間がかかるとかだと思うので 
anjyuさんのように 既に描かれてる地図を見る事で 
徐々にスムーズにできるようになるんでしょうね  
週末は 地図を持って 散歩に行こう!  

「ためしてガッテン」のページに 地図の見方が書かれてました  
地図は道に合わせて固定し 自分が動くようにするといいみたいです  うまく説明できないんですけど ↓の下のほうに図がありますから 参照してみては...  
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2005q2/20050427.html

ごめんなさい  長文になってしまいましたね...  
Posted by Маша at 2005年06月03日 12:08
すいません。トラックバックを失敗して、二回送信してしまいました。ひとつは消しておいてください。
Posted by マエダ at 2005年06月04日 02:00
Машаさん。
ありがとうございます。ためしてガッテン、見ましたよー!
分かりました。やっぱりわたしの場合、地図の方をまわさずに自分が地図の周りを「え、あれ?」って動いてたの、自覚しました汗。

駅の構内って、表示もたくさんあって便利に出来ているようで、案外それも多すぎて不便なんですよね。まして朝と夜では、雰囲気違いますよね。わたしもきっと、かなーり焦ったはずですわ。。
Posted by もみ at 2005年06月06日 07:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ご近所探訪
Excerpt: もみさんが「方向音痴」という記事を書いているけど、私もかなりの方向音痴だ。 私にとって、方角とは東西南北ではなく前後左右。地図を見ながら、南北ではなく上下と考える。地図を空間として認識できない。窓の..
Weblog: トーキョー日記
Tracked: 2005-06-04 01:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。