2006年03月01日

ホテル・ルワンダ

日本でお休みがあったので、映画を観て来ました。
去年のアカデミー賞授賞式で知って以来、ロシアでの公開を待っていました。

日本では、地道な活動が実を結んでようやく公開となった、といういきさつがあります。( 「チェブロッグ」にて紹介されています)

話は、1994年に、アフリカのルワンダで起こった計画的大量虐殺がもとになっています。
大量、といえばどの程度か、というと約100万人。
多数派フツ族による、ツチ族の虐殺、ですが、実は単なる民族対立でなく、かつて植民地支配していた欧州各国の思惑や宗教の利用、など一言では片付けられない背景に、これだけの死者を出してしまった原因があるようです。

主人公で、ルワンダの高級外資ホテル支配人ポール(フツ族)が、ツチ族の妻と子供たちを守る、という立場から、気がつけば1000人以上のツチ族の人々をホテルに匿って守り通す、というストーリー。

最初は家族を守るだけのつもりが、気づけば家には多くのツチ族の人々が集まってきて、次第に皆の生命を背負って行動しなくてはならなくなる、という成り行き、職業上の経験を生かした交渉術、賄賂、コネを使っての駆け引き。
虐殺シーンを過剰に見せることなくとも、現実味を感じさせます。

ホアキン・フェニックス扮するカメラマンは、映像を世界中に流せば、助けが来てくれるはず、と固く信じて疑わないポールに、「人々はあの映像を見ても、『怖いね。』と言って、ディナーを続けるんだ」と言います。確かに個人レベルでは、自分も「怖いね」と言うだけの人間です。

当時、ついには国連の平和維持軍も退去し、国際社会から全く見放された、という事実がこの言葉に繋がり、またこのような出来事を多くの人が知らない状況を作り出したのでしょう。


posted by もみ at 05:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もみさん、こんばんワ。

ちょうど出張があってよかったですね。
カメラマンのセリフには私もギクリとする部分がありました。
自分もその中の一人だと。
確かにルワンダに駆けつけることは出来ないし、
今世界中で起きている不幸なことを解決するために
何か直接的な行動が出来るわけでもない。
でも僕らは無力なんかでは決して無いと思います。
少しずつかもしれないけど、
考えること、話あうこと、意思表示することetc
で世界をちょっとずつ良くしていくことが出来るはず。
そんな風に考えてます。
一人じゃ全部はしょえないけど、みんなでチョットずつならしょえるはず。
チェブ君はゲーナに荷物を持った自分を全部持たせましたが。。。


Posted by muramine at 2006年03月03日 02:08
muramineさん、こんばんワ。

今回自分がこの映画を見ただけでも、自分がいかに世界で起こっていることに鈍感だったか、また情報というのは、完全にそれを支配している一部の人たちのものなんだな、ということを知りました。
今は良い意味で、多くの人が情報を受発信できるので、アンテナを張っていれば多くを知ることができますね。
確かに自分にとっても、一つのきっかけになったと思います。

ふふ。ゲーナに荷物を持った自分を負わせてしまうちぇぶは、圧巻ですね笑。
Posted by もみ at 2006年03月03日 05:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。