2004年12月12日

民族舞踊

ロシアの冬は、観劇に限る!
夏場は劇場自体がお休み(劇場の工事が行われるせいもあって、海外に出張公演に出かけてることが多いから)だけど、9月を過ぎると本格的にシーズンが始まる。

オペラ、バレエに始まって、民族舞踊、クラシックコンサート、ドラマ・・・。
安い席は、1000円もしない。これについては、ロシアは天国だと思う。

国外でも有名な(日本にも来ているらしい)、民族舞踊を見に出かけた。
今回は3度目だけれど、毎回凝っていて、行く度に新しい踊りが見れるのでとても楽しみ。

世界各国の踊りを模倣して、主催者のオリジナルのアイデアが加わる。
思わず拍手したり、大声を出して笑ったり、「ブラボー!」と声をかけてしまう。

今回は一番前の席だったから、踊る人たちの息継ぎや汗が飛んでくるくらい。
彼らの鍛えられた身体や、プロらしい表情を見るにつけ、非日常の世界に魅了されてしまった。

冬の暗く、寒いロシアの楽しみ方。

もいせーえふ もいせーえふ2

posted by もみ at 05:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、突然申し訳ありません。

貴サイト様を拝見させて頂きました。ランキング上位を狙えるサイトだと感じております。
☆ぜひとも当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?

登録URLは下記です。初期の登録運営者様はライバルも少なく、登録するだけで多数のOutカウントを見込めます。
何卒よろしくお願い致します。

http://blog.rank10.net 元祖ブログランキング
Posted by 御案内 at 2004年12月12日 05:20
ご案内ありがとうございます。
ランキング、既にひとつ参加してますので、十分だと思ってます。

上位を狙って!とか気張ると長続きしませんし、今の状態で満足しております。

個人的な興味でご覧頂けるのであれば、今後もよろしくおねがいします♪
Posted by もみ at 2004年12月13日 05:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1271705

この記事へのトラックバック

オペラ・バレエがいいと思う
Excerpt: カウンター・テナーもここまで来ると、女声と区別しにくいくらいですね。アルフレッド・デラーの時代には、独特の声質でそれも良かったと思いますが。聞きやすい曲が多くて、秋の夜長に静かに楽しめます。・・音楽の..
Weblog: クラシックがいっぱい
Tracked: 2007-08-06 14:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。