2007年08月31日

表現いろいろ

久々にロシア語テーマで。

言語によって、同じ物事でも捉え方が違うために、表現も変わってくることはよくありますね。

ロシア語の場合−
スープ(суп)は、飲む(пить)ではなく、食べる(есть)
オペラ(опера)は、観る(смотреть)ではなく、聴く(слушать)

これらは、ふつーにロシア語を習っていると出てくるものです。が、

先日聞いて、思わずぽ〜っとなってしまったのが、
香水(духи)は、香る(нюхать)或いは、感じる(чувствовать)ではなく、聞こえる(слышать)

香水あるいはトワレの香りが「聞こえる」・・・ステキです。


そして今日聞いて、さらに「かわいーなぁ」と思ったのが

【お天気雨】= слепой дождик (直訳:見えていない雨ちゃん)

なんと、【太陽が出ていることに気づいていない(見えていない)で降っている雨ちゃん】です!

小さい、少量のものや可愛いものにつける語尾、というのがあるのですが、日本語に訳すと、どうしても「・・・ちゃん」てなるんですよね。わたしの語彙量に問題ありかもしれません汗。

いかついクマみたいなオジサンでも、「雨ちゃん♪」ですよ笑


あ、こちらはうちの「はむこちゃん」
DSC04515.JPG
posted by もみ at 19:47| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。