2006年02月23日

本屋さん

モスクワはまだ、他の国の都市ほど日本的生活を送るには便利ではありません。
本屋もそのひとつです。
日本語の本は、人から借りるのがもっぱら多いのです。
というのでただ今「買い込み中」です!

毎日入ってはウロウロしていますが、逆に一気に選択肢が増えて、軽く眩暈を覚えるほどです。

うちは本棚がありません。扉のある棚と、引き出しに入れています。
というのも、何だかこっぱずかしいのです。
人のところに行って並んでいる本を見ると、何となくその人の人となりが分かるような気がしませんか?ほほぉ、こういう本を読んでいるのだな、と。
それはそれで話も早いし、とも思いますが。
カバーをして並べていれば、いや、それではせっかくの装丁の甲斐もありませんので、それもできません。。

posted by もみ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

暑がり

1週間の予定で、出張で日本にきています。
モスクワは出発前にずいぶん暖かく(マイナス5〜7度)なってきていたのですが、日本のプラス10度はよほど暑いだろう、と思って薄めのコートを準備してきました。

それなのに・・・コート自体必要ありませんでした。恐らく湿度が高いのもあって、ちょっと気密性の高い場所だと、あっという間にムシムシしてくるのでした。
ここ数年のうちに、何だかやけに「暑がり」になったようです。。
真夏を想像するとぞっとしますね。

それにしても、毎日おいしいご飯が食べれて幸せ♪
昨日はお豆腐づくしのコースだったのですが、さすがに当分お豆腐を恋しく思わずに済みそうです。

唯一難点は、オリンピックフィギュアの放送が真夜中、ってことでしょうか。。
仕事そっちのけでまた、明日も見てしまいそうです汗。







posted by もみ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

こ、これは。。

DSC03825.JPE


お伺いしたお家には、こんなちぇぶがいました。
麻生地のちぇぶですが、初めて見ました。
正直、オリジナルのちぇぶとはちょっと見た感じの雰囲気が違いますが、
これはこれで、ちょっと顔の四角い感じとか、かわいらしいですね。
指の感じも違います(軍手を彷彿とさせる。。)。

麻生地なんで、夏場も涼しげなちぇぶでした。
ちなみにこのちぇぶを手に入れたのは、かなり高級なデパート(というよりブティック)だそうです。

posted by もみ at 06:24| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

おひさしぶりです。

あんまりに寒いので、凍ってました。。
というのは半分本当、半分いい加減な言い訳です汗。

でも、寒いとマジで、疲れるんです。外気と室内の温度との差に、けっこうグッタリしたり。仕事も自分が意識していない所で不慣れさを感じていたり、通勤だって・・・(何せ、前職では道路渡って徒歩5分、だったし。。。)。

この無記録の間のニュースとしては、2月1日に、エリツィン氏が75歳の誕生日を迎えました。ロシア人男性で、75歳とは長生きです。
現役のころに比べると、表情も穏やかでお肌はピンク色、不調と言われますが、まだまだ元気そうでしたね。

また、チェリャービンスクという都市では、若い兵士が、上官たちからひどい暴行をうけて、4日間放置され、結局両足、性器、指切断せざるを得なくなった、という酷い仕打ちにあっていたことが判明。
親たちが軍隊に息子を入れたがらない理由に、もちろんチェチェンのような地域に行かせたくない、というほかに、軍隊内でのいじめ、暴力、があります。
ロシアは、日本に比べると自殺率の低い国ですが、軍隊での自殺率は極めて高く、上官の暴行から逃れるには、逃走するか死ぬしかないそうです。

プーチンは、彼を含め、暴行被害者一家に、住宅を供給するなど公約しているけど、それでも暴行した当人たちについては全く情報も開示されず、息子を持つ親たちの不安感は増すばかり。。わたしの知り合いの男性たちも、進学したり、結婚して子供をもうけたり、あるいはコネを使うなどして、兵役から逃れています。
posted by もみ at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。