2005年12月24日

冬の風景

DSC03715.JPE


DSC03718.JPE


今年のモスクワの冬は、暖かい日が長く続いています。
ただ、雪が降り始めると、夜の間にしっかり積もって、翌朝は、もっさもっさ雪にはまりながら歩く羽目になっています。

雪の種類には2種類あって、湿気の多い、やもするとすぐに解けてしまう雪と、片栗粉のように踏めば踏むほど、「きゅっきゅっ」ときしんで、いつまでも解けない雪とがありますね。


家の前の景色。どたばた急いでいると気にもならないのですが、よーく見ると、それは美しい、空気の澄む、すがすがしい景色だったりします。

それにしても、朝暗いですね。。。



posted by もみ at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。