2005年12月05日

С.А.Есенин

近頃流行っていた、ロシア詩人エセーニンを題材にしたTVドラマ。
DVDで全編まとめて出たので買ってみたのですが、はまってしまいました。
すでに2回目鑑賞中。

エセーニン(セルゲイ・アレクサンドロビッチ・エセーニン)は、ロシア革命前後の詩人。
(わたしのイメージでは、本で見る、童顔の青年、だったのですが)
農村の出身で、革命前の作品は、農村の暮らしや自然を詠ったものが多く、農民に絶大な支持を得ていました。当初は社会主義に夢を持っていたにも関わらず、現実との差に苦しみ、酒におぼれ、精神を患いながらも故郷ロシアを想い続けた詩人です。

彼が有名な理由には、その詩の魅力だけではなく、30歳という若さで1925年に自殺死したという結末もあります。またかなり長い間、その作品は発禁となっていました。

実はその自殺が、本当は他殺ではなかったのか、というのがこのドラマの始まりで、1985年(ゴルバチョフが書記長に就任して、ペレストロイカが始まる頃)、ある警察の大佐の下に1枚の写真(エセーニンの死体)が届く所から、大検証が繰り広げられます。



続きを読む


posted by もみ at 04:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。