2005年09月21日

部屋決まる

ようやく、引越し先の部屋が決まりました。
とは言っても、見たのは3件ほど。

メトロの近くで、そこはもともと住宅が少ないので、不動産屋のおばさんも「モスクワ中で、ここは今空が6件しかないもの」と言われていたし、いつまでたっても見つからないと焦るので、即決しました。

メトロから徒歩7分。
途中にはアテリエ(洋裁屋さん。服を買うたびにお直しが必要なんで汗、これは助かります!)もあるし、ちょっとしたキオスクもあるので何とかなりそう。
部屋はレモント(修理)したばかり。昨日は、いやー、どんな家具をどう置こうか、、とカタログを見てる途中で眠りこけてしまいました。

大家さんは、オーストリア人のビジネスマン。
なんでも、出張で頻繁にモスクワに来るのに、居住権を持っておくと便利だ、というのでこの部屋を買ったそう。
まだ若いのにしっかりしているし、ロシア語ぺらぺらだし、気前も良い感じ(これは非常に重要です!)なのでかなり安心。スプーン1本や家具の傷1つ、などでもめることにはならないでしょう。

まずは第一段階クリアです。
posted by もみ at 07:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

怖い思い

日本でも記事になっていたそうで、周りの人から心配頂いたりしていますが。

先日、M:アエロポルト付近で、大使館勤務の夫妻が、ロシア人男性3人に暴行を受けた、とのこと。

話によると、「中国人か?」と聞かれ、「日本人だ」と答えたところ、ボコスカ暴行を受けてしまった、とか。

ロシア人は基本的に日本びいきなので、自分が日本人であることを告げて不快に思われる、という体験は、こちらにいる日本人ならまず滅多に経験したことがないと思うのです。
そういう意味で、安心していたのですが。

確かに、外国人排斥グループはあるし、行く場所や時間帯は選ぶ必要があります。


そうこう考えるうちに思い出した、先日遭った怖い思い。続きを読む
posted by もみ at 04:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

麺になるなよ!

くしゃみをした時の、合いの手(応対の言葉)というのは各国それぞれですよね。
ここロシアでは。

Будь здоров ! (ブッチ ズダローフ)
「お大事に手(グー)!」

が定番ですが、このあと、さらにこう続きます。

Расти большой ! Не будь лапшой !
(ラスチー バリショイ!ニェ ブッチ ラプショイ!)
「大きく育てよ!麺にはなるなよ!」

麺になるな???モバQ

いつも言われるたびに??と考えていて、あくまで自分なりの解釈なのですが。

こちらの麺類は、何しろやわらかーい!
イタリアンレストランでは、ようやく「アルデンテ」なんて理解が浸透してきているようですが、何しろ普通は、ぶよぶよに茹でるわけです。

と考えると恐らく、
「麺のようにぶよぶよのびのび、だらしない奴になるなよ!」
という意味ではないかと思うのです。
また、聞いてみます。

НЕ БУДЬ ЛАПШОЙ!!
posted by もみ at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

早起き

DSC03263.JPE


早く目が覚めて気づくと、美しいオレンジ色の朝焼け。
たまの、三文の徳。

posted by もみ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手拍子

TVで観る音楽番組カラオケ
もっぱらコンサート(何組もの新旧の歌手が出演)が多いのですが、いつもいつも気になって仕方がなかったことがあります。

それは。

表打ち!

日本でも、演歌なんかの手拍子は表打ちですね。
1泊目、3泊目、と拍の頭で手を打ちます、アレです。
ロシア民謡も、表打ち、なんです。

それでも日本では、多くの人が曲によって「表と裏」を使い分けて手拍子するのですが、こちらではまだまだ「表打ち」全盛で、どんな曲であろうとも、それは変わりません。
合いの手、なんて入れたくなるほどで。。

それでも最近では、ウラ打ちのリズムを習得した若者などもいるらしく、よく聞いてみると、表ウラ混ざり合った手拍子なんてのも聞けるわけです。

ある意味、非常に親近感のわく瞬間でもありますわーい(嬉しい顔)
posted by もみ at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

検査

外国人が労働許可をとるには、諸々の書類と一緒に、健康に関する書類を提出します。これまではHIV(ВИЧ-инфекция)の陰性証明のみ必須とされていました。

が。

先日からさらに、5つの検査を受けて、その無感染の証明書が必要になりました。

何かというと・・・。

ハンセン病、結核、梅毒、クラミジア、軟性下疳・・・?

軟性下疳って何???

*軟性下疳菌(細菌)による性感染症で、男女ともに、性器に豆粒くらいのコブができ、つぶれて強い痛みの潰瘍になる。
日本での感染頻度は低いが、東南アジアなどから感染して帰ってくるケースが多い。また、軟性下疳の患者にHIV感染者が多いとの報告もある。

結核は実は、近頃また増えてきている病ですが、そんな中、知り合いのロシア人女性は、日本から戻ってきて結核に感染していると判明したり。。

続きを読む
posted by もみ at 06:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラベルバトン

こちらは、Love-hateろんどん、ただいま単身ぽめさんから頂いた(ありがとうございます!)トラベルバトン!!


1.今までで最高に良かった国内旅行先

北海道!
国内は、転勤はあっても実は旅行として行ったのは本当にわずか。
いやー。ご飯がおいしい!温泉最高!道が広い!
海に臨む温泉へ冬に行ったのですが、髪の毛は凍ってパリパリ、でも身体はあったか〜い!というのがたまらずよかったですね♪
電車の中があったかかったのも、なんだかやけによく覚えてますねー。
あ、それと友達のお母さんが作ってくれたおにぎりも最高でした笑。


2.今までで最高に良かった海外旅行先

うーむ。やっぱりハンガリーですねー。
またもやですが、何せ温泉好きなんで、海外でお湯に浸かれるってのは最高です。
バラトン湖を車で一周。付近にある、「ヘービーズ」という温泉湖は、湖なのに年中暖かく、やっぱり深いもんで、みんな浮き輪持参でやってくるんです!蓮の葉や小魚の合い間を、ぷかぷか浮かんでる様子が、世離れしていてステキ!!


3.これから行ってみたい国内旅行先

沖縄!!
両親が新婚旅行に行った先笑。
特に最近、まわりが沖縄づいてたり、沖縄に行ったことのアル人の話を聞くことが多くて、何しろ感化されてます。


4.これから行ってみたい海外旅行先

中南米。
とても大雑把ですが、あんまり縁のない方面なんで、是非。
人間観察もしてみたいです。ロシア人とはまた違うでしょうし。
お友達がこないだまでエクアドルにいたんで、その間に行きたかったけど、さすがに乗り換えも含めて24時間は、気が遠くなります。。
気合ですな。


5.次にバトンを渡す人5名


どなたか受け取ってくれる方いましたら、是非おねがいしまーす!
posted by もみ at 05:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

これはスーパーです。

赤の広場から始まる、モスクワのメインストリートでもあるトヴェルスカヤ通り(ул.Тверская, д.14)。ここにある、"エリセーエフスキー"というスーパーです。

DSC03048.JPE


DSC03049.JPE



モスクワで最初の食料品店で、ソビエト時代も乗り越え、もうかれこれ100年以上は経ちます。
もともと、とある公爵の邸だったものを、当時の所謂ビジネスマンであった「エリセーエフ」氏が買い上げて食料品店として営業を始めました。当時、唯一「パイナップルが買える店」としても非常に有名だったそう。

古い建物なので、何度も修復が行われていますが、現在の姿はほぼ開店時に近いもので、内装はといえば、もちろん、ですがスーパーじゃないですね笑。どこかの美術館にでも入ったかのよう。壁にはエリセーエフ氏の肖像画や様々な絵画も飾られています。シャンデリアですよ、スーパーに!

営業時間は、他のスーパーと同じく22時まで。夜遅くまでやってるんですよね、ここも。(ロシアってやっぱりヨーロッパじゃないよね、と思ってしまう所以のひとつ)

何も買わずに、うろうろして出てきましたわーい(嬉しい顔)
こんな街中で買い物して、まさか買い物袋抱えてメトロでは帰れないよ。

画像は、警備員さんにお願いして、言われたとおり「さっさと」とってきたものです。

posted by もみ at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

ネコあずかります。

かつてはうちにもいたネコ猫ですが、今はもっぱら預かり専門です。
やはり、泊りがけで出かけたり旅に出たりするのに不憫ですし。

というので、色んなお宅のネコが泊りに来てくれるのですが、今1ヶ月の予定で滞在中のネコは、「にんに」(もう1匹いたのが、弟分で「ちび太」)。

もともと顔見知りでした。
以前飼い主が旅行でいないときも、お家にご飯&遊び係として通っていたのですが、その時も、ちび太はわたしに見向きもしてくれなかったのに対し、にんにはお兄さんらしく、いつも部屋にやってくると玄関近くで迎えてくれたものです涙。2匹いると、性格の違いがよくよく分かりますね。


DSC03259.JPE




ただ、さみしいのか、夜中になくのです。
わたしも意識朦朧とした頭で、反射的に「にんにぃ!」と叫ぶと安心するのか、小さく「にゃぁ」とないて静かになるのですが、またしばらくするとなきだし、またわたしが叫ぶ、という行動(大抵2度ほどでおわる)をこの数日繰り返しています。

そのうち理由もなく、ただの日課になったりするのだろうか。。
posted by もみ at 05:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

部屋探し

ただいま、部屋探しの真っ最中。
予算も時間も限界があるので、結構あせってますがく〜(落胆した顔)

探しているのは、地下鉄の環状線上。どの駅からも、大抵15分程度で街の中心、クレムリン(赤の広場)にたどり着き、乗換えが多いので便利なんです。
車を運転しないし、駅から徒歩5分圏内は安全上も必須です。
ただ、環状線から中に入ると、必然的に値段も上がりますね。。


metro.png




こちらの部屋は90%以上が(程度の差はあれ)家財道具備え付きです。
建物のタイプは、スターリン、フルシチョフ(5階建て、エレベーター無し、とにかく頭数揃えるために建てたので、状態は悪い!)時代の建物や、最近流行のエリートマンションなんてものもあります。

エリートマンションの相場は、1K(30−40u)の部屋だとモスクワ市内で1,000ドル以上、環状線内だと・・・考えても無駄のようですふらふら
マンション敷地内に駐車場があって、警備員付、コード式で外部者が敷地内に入れないようになっていて、セキュリティはしっかりしています。
もちろん家財道具の質も種類も豊富、身一つで入れます。


部屋自体もともかく、まともな大家さんにあたるかどうか、というのはどこでも一番の問題ですよね。普段はよくても、何かあった時に豹変する人もいますし。。
できれば、フットワークの軽い、それなりに余裕のある生活を送っている若夫婦が大家、なんていうのが希望です。こういう人たちだと心配ありませんね、何かと。

う〜む。何とか納得できる部屋が見つかりますように。。
posted by もみ at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。