2005年06月01日

方向音痴

方向音痴:方向についての感覚が鈍く、道に迷いやすいこと。また、そのような人。

どこに暮らしていてもコレばかりは変わらない。

自覚したのは20歳も過ぎた頃。気づくのが遅かった汗。
友達と待ち合わせをした梅田のビックマン前(ローカルですが、あの圏内ではよくよく知られている)。
何度も行っているのに、何故か行けない。何故?
それまではいつも誰かと一緒で、全くまかせっきり、実はただ付いて行ってただけだったなんて!

例えば、よく行く場所や建物自体は覚えています。周辺も大体。
ただ、今居る場所とそこまでの道のりのイメージがさっぱり沸かない。
それぞれの地下鉄駅周辺もほぼ覚えているのに、駅同士が地図上どういう具合に並んでいるのか、全く想像できない。
歩いて行ける所を、むやみに地下鉄で行ったりするわけです。。
「今日はいつもと違うコースで散歩!」なんていうのは、まさに「憧れ」。

白タクも結構利用しているのにこんな感じなんで、ちょっと違う道を通ると「えがく〜(落胆した顔)、これってどこ行くの〜!」とかなり焦ります。

方向音痴でない人との違いを思うに、恐らく、見ているものが違うのでしょうね。
視界が狭いのかも。もっと広くモノを見るといいかもしれません。
こういうのも、治るものでしょうか??


posted by もみ at 06:03| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年たちました。

昨年の今日ブログを始めて、もう1年。
早かったー。よく続いたよ。。

年々時間の経つのが早く感じられて、毎日を振り返る機会があまりなかったのもあって、始めだしたブログ。

コメントを下さる方、いつも覗いてくださる方、みなさんどうもありがとうございますわーい(嬉しい顔)
ブログを通じて世界も広がった気がします。

またこれからも、ぼちぼち続く限りやっていきます。

chebu.jpg


posted by もみ at 05:26| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。